スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.04 Thursday
  • -
  • -
  • -

アントワープに行ってきました。

前回アイスランド火山で涙を飲んだアントワープ行き、この週末でリベンジしてきました。事前にバッチリお店も調べたし、張り切って上陸〜♪と思ったら・・・さ、寒い!!ここ最近のジュネーブが暖かかっただけに、震えるほどの寒さ。そして静かに降る雨。

出だしから不安を覚えるも、まずは金曜日の蚤の市、Vrijdagmarktへ。ここではロープ張りの会場でアンティークのオークションが行われているらしく、たくさんの人が競りに参加しています。何を落としたのか分からないけど、ダンボールを何箱も抱えているおじさんたち。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

残念ながらオランダ語が全く分からず、参加できる雰囲気でもなかったので見学のみ。でも会場の隅っこに捨てられた?ダンボールに群がっている人々がいたので、果敢に参加してオランダ語の古本を手に入れてきました。コラージュの材料にしたいと思います。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

次はアンティーク通りとして名高いKloosterstraatに行ってみました。あっちにもこっちにもアンティークショップ・・・というのを想像していたのに、閉まっているお店があったり。ちょっと期待はずれ感を覚えつつも、一軒よいお店に巡り会えました。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

入り口が本気アンティークだったので一瞬とまどいましたが、中には古新聞やポストカード、コースターなど手が出せるものも。家族経営らしく、娘さんが母親に指示されつつもお店に立っている姿がほほえましい。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

それにしてもあまりの寒さ&お腹も空いたので、100年以上の歴史を誇るというアントワープいちの老舗ワッフル店に寄ることに。「Van Hecke(ヴァン・ヘック)」という名のこのお店、外観は全く普通の町カフェです。

とりあえず温まろうとオーダーしたアンディーブのスープがとっても美味しくて、まさに素朴な家庭の味。しかもパンが付いてお値段3ユーロ50とは(しつこいですが・・・)ジュネーブでは考えられない安さ。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

そしてワッフル+バニラアイス+クリームは予想以上の大きさ。こちらではバニラアイスにチョコレートソースをかけるデザートを「ダム・ブランシュ」と呼ぶそうです。海のようになみなみと注ぐチョコレート。ワッフルは外側がカリカリで中はジューシーで、フレンチトーストを食べているような感じでした。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

美味しかったのですが、あまりの大きさに全部食べきれず・・・。


PR

オンラインショップはこちら

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最新の記事

categories

archives

recent comment

recommend

profile

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM