スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.04 Thursday
  • -
  • -
  • -

ローマのジェラート放浪記

イタリアといえばイタリアンジェラートということで、ごはんにパスタとピザを食べ、おやつにジェラートを食べるというのが今回の旅のコンセプト。誰の役に立つか分かりませんが、いちおう食べ歩き記録として残しておこうかと思います。



まずローマ初ジェラートは1930年創業、老舗の有名店「Ciampini(チャンピーニ)」。お店の外まで人だかりができていて、カウンターではきちんと制服を着たオジサマがジェラートを盛ってくれるのが何だかうやうやしい。



ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々



味は・・・普通といえば普通・・・ただ創業以来のレシピとやらで作っているらしく、余計な添加物を混ぜずにちゃんと作ってますという感じがよいです。これが30年代にあったとすれば、当時の人はびっくりするくらい美味しかったんだろうなあ。



老舗に対して今ドキお洒落カフェ系では凝ったディスプレイが多くて、色鮮やかに目を楽しませてくれます。なんとコーヒー味のジェラートの中に本物のカップが突っ込まれてる!



ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々



チャンピーニをスタートに色々と評判のジェラテリアを回ってみたものの、なんだか今ひとつ・・・と思っていたところに登場したのがトラステヴェレにあるお店。レストランで紆余曲折あった結果
トラステヴェレならきっとジェラートも期待に応えてくれるに違いないと入った大通りの人気店です。



ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々



ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々



ここは本当に美味しい!特にイチゴ味のフレッシュさとチョコレート系の上品なコクは一級品。チョコレートはバリエーションが色々あって、ラムを加えたものや最近流行のチリチョコ、オレンジなど。正直に言えば東京でも見つけられるレベルではありますが、私の大好きな(でも高くてめったに食べられない)ピエールマルコリーニのチョコジェラートと同じものが1ユーロ50で買えるという、そこに大きな感動があるわけです。セコい?



そして同じくトラステヴェレをお散歩していた時にたまたま通りかかったお店。自家製の文字と絶え間ない人だかりに誘われて入ってみました。



ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々



こちらも美味しかったです。どちらかというとフルーツ系よりもミルクやカスタードの味の方が美味しく感じました。きっとジェラテリアごとに得意フレーバーというのがあるのでしょう。



それにしても、ひたすら食べに食べ続けたこの休暇。もういい加減イタリア料理は食べたくない・・・と思って帰ってきたはずなのに、スイスに戻って落ち着いたら今度はミラノに行ってフルコースもいいなあなんて思い始めたりして、きまぐれぶた猫街道まっしぐら。生きることは食べることですね〜。

ローマのレストラン放浪記【神の啓示篇】

ローマのレストラン放浪記【受難篇】に書いたとおり、いまいちコレぞ!というレストランに当たることができず消化不良の私たちは、初心に立ち返って自分の足でお店を探すぞとローマの下町トラステヴェレ地区にやって来ました。蔦の絡まるレンガの家、細い路地、上を見上げると建物の間には洗濯物がはためいて・・・いかにもローマな雰囲気。たくさんのレストランがひしめきあっていて、それを目当てに訪れる観光客と地元の人々でごった返しています。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

入ってすぐの所にネットでおすすめと言われていた「Carlo Menta」が見えたものの、いやいや今度こそ騙されないぞとこらえてスルー。もう少し先にあった「GINO」というお店が美味しそうだったのでここにしてみました。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

今度はピザをオーダー。ローマ風のピッツアは極薄の生地が特徴のようで、パリパリして軽いのでお皿一枚分の大きさでも難なくペロリ。とっても美味しい。ひとつ気づいたのは、どうやらピザというのは日本人にとってのラーメンみたいなもので、出てきたらすぐに食べないとあっという間に冷めて味が落ちてしまうのです。ということで夫と向かい合って二人、声も出さずにひたすらピザを頬張る・・・笑

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

そしてローマに来たからには食べてみたかった「ローマ風アーティチョーク」。素朴な味で美味しいけれど、個人的には煮るより揚げる方が好きだなと思いました。デザートのパンナコッタはもっちりしてクリーミィで、日本で食べる味とは違ってとても濃厚。乳製品好きにはたまらない一品。

やっと満足できる食事にありつけてすっかり気を良くし、これは快進撃の始まりかも!?と、次の日の夕食もバスに乗ってトラステヴェレへ。その予感に応えてくれるかのように、目の前に現れた「Ivo a Trastevere」。

ここはメインストリートからちょっと外れるにも関わらず、お店の外まであふれ出る人々と忙しく動き回るウェイターさんでものすごい熱気。さすがイタリアの食卓なのか、みんな大声を張り上げてお喋りに興じています。やっぱりこういう活気ある下町のレストランが一番身の丈にあってしっくりくる感じ。

前菜はモッツアレラとプロシュート。みずみずしいモッツアレラはミルクの旨みをギュッと濃縮したように弾力があって食べごたえ充分。プロシュートも味が濃く、そのしょっぱさをモッツアレラに合わせて食べると生まれる至高のハーモニー(と思わず美味しんぼ語りしてしまう美味さ!)

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

自家製パスタはうどんのような形状で、コシがあって日本人の口によく合います。何よりトマトとアスパラガスのソースに海老の旨みが凝縮されていてとっても美味しい!シンプルに見えるけど、丁寧にダシを取っているんだろうなあという味わい。夫の頼んだラグーソースのパスタもコクがあって同じように美味しかったです。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

やっぱりローマで美味しいお店に行きたかったらトラステヴェレ!の言葉通り、歩き回って良さそうなお店を見つけたら入ってみると失敗がなさそうです。

〜おまけ〜

最後の日のランチもIVOに行きたかったけれど、残念ながら昼は開いていないので代わりに行ってみた「Carlo Menta」。観光客の行列ができていて、やっぱり日本人の姿も多い。思っていたよりパスタのソースが美味しかったのは嬉しい驚きだけど、輪ゴムみたいな麺はいかがなものか・・・。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

でもまあ安いから得したと思えば許せるものです。今回行ってみたレストランはどこもお会計30〜40ユーロくらいで、普段ジュネーブで払っているお勘定を考えれば衝撃の安さ。だんだんスイス人並に心が広くなっていくような気がします・・・。

ローマのレストラン放浪記【受難篇】

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ということで観光客で溢れるローマに行ってきました。今回の目的は美味しいイタリアンを食べる!(ことと、いちおう遺跡を見る・・・)ことなので、事前調べもバッチリに意気揚々とレストランへ出かけました。

ローマ初レストランはスペイン広場近くの「Alla Rampa」。ローマで一番美味しいという声もあるとか?

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

まずは無難にスパゲッティを頼んでみると、ビックリするほどのアルデンテ。というよりもう少し茹でた方がいいのでは・・・と思うほどだけどこれが本場イタリア流?味付けはかなり濃い目で私はあまり好きじゃなかったけれど、同行した夫は「これが男の味!これくらいのしょっぱさがないと」と言っていたので人によるようです。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

お天気がいい日のテラス席は気持ちがいいし、観光客ずれしまくったウェイターさん達はとっても親切で英語も当たり前のように通じるので、まずはイタリアに慣れるためのファーストステップとしてはいいレストランでした。

次のランチはナヴォーナ広場のトレ・アルキこと「Tre Archi di Loreto Rubei」。こちらも超おすすめ!と言われていた割には何だか・・・もちろんマズいということはないし、それなりに美味しいといえば美味しいけれど、どうしてもローマに来たらココ!というほどのインパクトがないのです。

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

そして何より気まずいのは店内が日本人でいっぱいということ。観光中はそんなに日本人を見かけなかったのに、ネット効果恐るべし。隣の欧米人らしきおばちゃんが「日本人ばっかりね〜」と呟いてるのが聞こえてきて、何だか申し訳ないような・・・。

ここに来て急に、私の中で焦りと疑問が生まれ始めます。もしかしてローマにはあまり美味しいレストランがないのかな?それとも私の調べ方が悪かったのかしら・・・でも今までそんなに失敗したことないのになあ。ガイドブックならともかく、ネットの情報はアテになると思ってたのに・・・。

何となく、ローマでは日本人的旅行スタイル(下調べバッチリ、目的に向かって一直線)が通用しないのではと思い始め、次の夕食はとにかくローマの食い倒れ横丁と名高きTrastevere(トラステヴェレ)に向かうことへしました。

【神の啓示篇】 へ続く〜


PR

オンラインショップはこちら

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最新の記事

categories

archives

recent comment

recommend

profile

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM