スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.04 Thursday
  • -
  • -
  • -

ベッジュマン&バートン★LØV organic

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々
ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々
ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々
ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々



今年日本に初上陸したというBETJEMAN&BARTONは、パリの5つ星ホテルにも置かれている最高級の紅茶ブランドらしいです。今まで全く知らなかったので、友人に連れられて今回初めてパリ本店に行きました。やはり丸の内勤務の情報力はすごいな・・・もはや日本の流行に一切着いていけてないワタクシです。

カウンターにいたのはけっこう若そうなお兄さんだったけど、この道6年のプロを自称するだけあって紅茶の知識はかなり豊富で、質問にも的確に答えてくれるし色んな種類のお茶を紹介してくれて選ぶのが楽しかったです。

それからストックホルムやロンドンのビオ・ショップで見かけて以来ずーっと欲しかったラヴ・オーガニックのお茶。これはとにかく見ため第一、鳥さんの缶がとっても可愛いのです
?

何色もあるのでいくつか欲しいな〜と思いつつ、好きな色と好きなフレーバーが一致しなかったりするのが難しいところ。とりあえず一番気になってた水色をお買い上げしました。

ちなみにLØVはLOVEとかけてるのかと思いきや、北欧の言葉で「葉っぱ」を意味する単語とのこと。そしてなんと同じくパッケージの可愛さで評判のフランス紅茶・KUSUMI TEAのセカンドラインなんだとか。

二度ビックリ!





リプトンそしてトワイニング

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々


リプトンやトワイニングといえば気軽なティーバッグ紅茶の代名詞みたいな存在で、ジュネーブのスーパーにももちろん置いてあります。うちはマリアージュ・フレールその他があるからティーバッグには御用がなくてよ!と思っていつもスルーしていたのに、ある時、どうやら日本では売られていない種類というのがあるらしくてわざわざネット通販しているのを発見。そうしたら急に価値あるもののように思えてくるから不思議なものです・笑

早速こないだ夫が実家に帰るときにお土産用にと買いました。日本にないのか〜。こういうの誰が見つけてくるんだろう。ほんと日本人の嗅覚の鋭さには毎度ビックリでございます。

うちにはモロッコティーを買ってみました。ミントを入れた甘〜いフレーバーで、灼熱のモロッコの記憶を思い出させます。本物のミントティーには何かひとつ足らないような感じだけど、まあそこはインスタントの限界ということで。

CLIPPER

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々

ジュネーブ、アンティークと雑貨の日々



今日のティータイムはクリッパーのお茶。

100%見た目重視なジャケ買いだったにも関わらず意外に美味しくてハッピー★

こういう赤いお茶にありがちな酸っぱさがなくて飲みやすかったです。
(ビオだから??)




PR

オンラインショップはこちら

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新の記事

categories

archives

recent comment

recommend

profile

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM