スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.08.04 Thursday
  • -
  • -
  • -

L'Avant Comptoir

ランチの予約を取らない人気店のため、いつもお昼時には店の前に大行列ができるレストランのLe comptoir du Relais(ル・コントワール・デュ・ルレ)。



・・・の隣にある、立ち飲みワインバーのL'Avant Comptoir(ラヴァン・コントワール)にて友人と待ち合わせ。こちらの入り口にもシンボルのブタちゃんがお出迎えしてくれます。



ここでは赤・白・ロゼのグラスワインとタパス風の小皿料理がオーダーでき、さっと食事を済ませたい人にもアペロ(食事の前に軽くお酒とおつまみを戴くこと)として入るにも便利なお店です。





そもそもこのバー、初めてLe comptoir du Relaisに来た時に、ウェイティングリストに名前を乗せて貰ったら「じゃあここで飲んでてね」とサービス係の人に通されて「???」となった場所。フランスの古いビストロなんかでは、お店の入り口にバーカウンターがあって、店内が満席の場合にはそこでチビチビお酒を飲みながら席が空くのを待つというのが一般的なのですが、当時はアペロの習慣を知らなかったので、(どうしよう、レストランに行きたいのに違う方へ通されてしまった・・・)と焦ったのも良い思い出です・笑



置いてあるワインはスタンダードなものが多く、こだわり系ワインバーという雰囲気ではないのですが、一人でも気後れせずに食事ができるムードや、外国人と見ると当然のように英語で話しかけてくれる店員さんなど、気軽に入れて過ごしやすいお店だと思います。



クリックして頂けたら嬉しいです♡
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


Le Verre Vole

パリのカフェ巡りにもそろそろ飽きてきた頃なので、次はワインバー巡りでもしてみようかと思いついた今日この頃。もともとそんなに酒好きというほどでもないのですが、フランスに越してきて食後のチーズが習慣になったあたりから、やっぱりワインがあるとチーズの味がぐっと引き立つな〜と思い始め、特に知識もないけれど当てずっぽうで飲んでいます。

最近ではすっかりビオブームがワインにも及び、自然派ワインが流行り!と聞くのでとりあえず、ビオワインレストランの元祖・Le Verre Volé(ル・ヴェール・ヴォレ)にてランチ。



サンマルタン運河のすぐ横にあるカジュアルなビストロで、グラスワインも頼める気軽さがよいです。メニューを見たら「我々がおすすめしますので、ワインリストはありません!」と誇り高き一文。ということで乳飲み仔牛のロール焼きと、それに合わせて選んで貰ったロワール地方の白ワインです。





この白ワインを一口飲んでビックリ!葡萄っぽさを感じないワインらしからぬ味で、トロピカルな香り・・・今までに飲んだことのない未知との出会いでした。お料理は大きな塊肉にじゃがいものピュレとサラダを添えたボリュームたっぷりのビストロ定番風だったので、これだけだったらしつこくて食べ切れなかったと思うのですが、爽やかでパンチのあるワインのお陰で美味しく戴けました。



食後のデザートにはブランマンジェを頼んでみたところ、上に酸っぱい杏のコンポートが乗っていてまた爽やかな感じ。重い食事の後に良いバランスだな〜と思いました。今後も他力本願で進むワイン道、奥が深いです。




クリックして頂けたら嬉しいです♡
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


Izakaya LENGUE

日曜日の夜、ジュネーブから遊びに来た友人と食事をすることになり、前から気になっていた居酒屋・れんげに行ってみました。前回は満席で断られたので、今度こそちゃんと予約を入れて気合い十分。観光客で夜まで賑わうカルチェラタンの小道に、懐かしい日本語の文字がぼんやり浮かんでいます。



店内はまさに日本のオシャレ系居酒屋といった雰囲気で、気取らないけれどカジュアルすぎず、大人が落ち着いて飲めるムードでした。ワイン片手にコロッケをつついているフランス人もいたりして、日本人に限らず広く人気があるようです。それでもメニューにはスルメや焼きししゃも、お茶漬けなどザ・日本な正統派のおつまみが並び、妙なフランス風アレンジなどは一切なし。

久々に食べた牛タタキやスズキのカルパッチョも美味しかったです。



そしてついつい〆に頼んだパフェが思いがけず豪華でハッピー♡



飲み物がなくなるとどこからともなく店員さんが現れて次を聞いてくれるなど、フランスの庶民的ビストロではありえないサービスの良さがとってもノスタルジック・・・。思わず頼んでしまった山崎のウィスキーを飲みながらクダを巻いていると、まるで日本に帰ったような気持ちになるのでした。



夏の夜、ほろ酔い気分に揺れるノートルダムの夜景。




クリックして頂けたら嬉しいです♡
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


1

PR

オンラインショップはこちら

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

最新の記事

categories

archives

recent comment

recommend

profile

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM